Menu

印鑑の販売店として知っておきたい100円ショップ

新しい印鑑が必要なときには専門業者に制作してもらうか販売店に在庫があるかを見てみるのが普通です。印鑑にもピンからキリまであって価格もかなり幅がありますが、100円でも買えるということを知っているでしょうか。

実は100円ショップも印鑑の販売店なのです。100円ショップの印鑑について詳しくなり、有効活用できるようになりましょう。

印鑑販売のお店を利用するときのポイントは?銀行印の作り方を徹底解説

100円ショップの印鑑はどういうものか

100円ショップで販売されている印鑑は一般的な認め印として販売されているものと同じです。高級印鑑のように象牙などを使ったものではなく、樹脂製の安価なものになっています。

印鑑程度の大きさのものを作る樹脂代は高が知れているので原価は大したことがないというのは容易に想像できるでしょう。機械化によって文字を彫るのも簡単になっているため、100円ショップでも十分に利益を得られるアイテムとして販売されています。

ただ、100円ショップの印鑑は印鑑制作業者のようにあらゆる文字に対応しているわけではありません。日本でよく用いられている苗字の印鑑が基本で、その他に科目印などを取り扱っていることがある程度です。また、100円ショップの種類によってはシャチハタの印鑑も取り扱っていることがあります。

この場合にも主要な苗字のものくらいしかないので、使えるかどうかはケースバイケースです。マイナーな苗字の人も念のため取り扱いがあるかをみてみると良いでしょう。たまたま在庫があれば格安で印鑑を手に入れることができます。

100円ショップはあくまで販売店なので自分の苗字のを作って欲しいと店員に言っても応じてもらえないので気をつけましょう。

100円ショップの印鑑は銀行印や実印としても使えるか

100円ショップの印鑑となると格安で作るために工夫が施されている劣悪品だと思ってしまう人もいるかもしれません。確かに安かろう悪かろうの製品も100円ショップで取り扱われていることがありますが、印鑑についてはどうなのでしょうか。

朱肉を使って印鑑を押すことはできるので認め印としては間違いなく機能します。宅配便の伝票に印鑑を押すときや、出勤簿に押印するとき、一般的に事務書類に署名捺印するときなどは100円ショップの印鑑で大丈夫です。

印鑑を実際に見てみればそのくらいまではほとんどの人にはわかるでしょう。

しかし、銀行印や実印としては使えるのかという疑問は生じるかもしれません。結論から言えば、100円ショップの印鑑は基本的な規格を満たしているので銀行印としても実印としても使用可能です。銀行口座を開設するときや通帳を持って窓口で手続きするとき、口座振替を申し込むときなどに幅広く使用できます。

印鑑証明を取得できるようにするために印鑑登録をする場合にも役所で断られてしまうことはありません。どちらでも間違いなく使えるものの、注意点もあるので理解しておきましょう。

100円ショップの印鑑を銀行印や実印に使うリスク

100円ショップの印鑑はできれば銀行印や実印には用いない方が良いでしょう。使えるのだから良いではないかと思うかもしれませんが、リスクが高い使い方なのは確かです。銀行印や実印はパスワードのような役割を果たしているので悪用されてしまうと問題が起こります。

銀行印を仮に悪意のある人が手に入れてしまって通帳も見つけられてしまったら、窓口でお金を下ろされてしまうかもしれません。実印があると印鑑証明を手に入れられるので、身分証明書も偽造されたら自分の土地やマンションなどを売られてしまうリスクもあります。

100円ショップの印鑑ではありませんが、そのような目的で印鑑を偽造して大きな事件が起こっていることもないわけではありません。100円ショップの印鑑の場合には偽造しなくとも同じものを簡単に手に入れられるという問題があります。

量産されている印鑑なので全く同じ形の印鑑が無数にあるのです。通帳をスリとったからちょっと100円ショップの印鑑で下ろせるか試してみようと思ったら本当に下ろせてしまったという事態が起こり得ます。実印の場合にも100円ショップの印鑑が実印だと知られてしまうだけで誰でも気軽に使えてしまうので気を付けなければなりません。

認め印なら問題なし

100円ショップの印鑑は認め印としては特に問題が起こることはありません。本来はその人が本当に承認したということを示すためのものですが、印鑑の形を照合して本当にその人が承認したのかどうかを吟味することはまずないでしょう。

そのために印鑑登録をするようなケースがもしあれば銀行印や実印と同様に100円ショップのではない印鑑を使った方が安心です。

また、見た目が同じように見える認め印は複数持っていると便利なこともあります。自宅でも会社でも出先でも同じ印鑑を使えるようにしたいと思ったときにもたった300円で調達できます。秘書に代理で印鑑を押してもらうために貸しておくということもできるでしょう。

使い方次第では認め印としてはかなりコストパフォーマンスを上げられるのです。

100円ショップには印鑑関連グッズがたくさんある

100円ショップでは印鑑だけでなく、印鑑に関連する様々なグッズも取り扱っているので有効活用しましょう。100円ショップで売っている印鑑がちょうど収まるサイズの印鑑ケースが販売されています。いくつかのデザインを取り扱っている場合が多いので好みのものを一緒に調達すると良いでしょう。

また、朱肉も100円ショップで購入可能です。小型で持ち運びしやすいサイズなのが特徴ですが、ものによっては高級朱肉に比べてにじみやすい、色あせやすいといった問題が起こることもあるので注意しましょう。印鑑を押すときには下が固いと押しにくいですが、印鑑マットがあれば問題がありません。

100円ショップでは小型の印鑑マットもよく取り扱われています。このように色々なグッズが手に入るので印鑑を探しついでにどんなものを置いているかを見てみましょう。

100円ショップで複数の印鑑を買えるのか

100円ショップの印鑑は安くて良いけれど、照合してみると異なる印鑑を複数手に入れることはできるのかという疑問を持つ人もいるかもしれません。基本的には同じ100円ショップであれば同じ業者から仕入れているので全く同じ形の印鑑になってしまいます。

しかし、違う100円ショップに行けば違う業者から仕入れている場合があります。見た目で違いがわかるかを見てみるか、100円ショップに問い合わせてどこから仕入れているかを確認してみると良いでしょう。